理想の着物を通販サイトで選ぶ|伝統の美を楽しむ

女性

受け継いでいく

衣類

成人式には、着物を着るという新成人がほとんどになるでしょう。男性であれば、紋付き袴、女性であれば振り袖というスタイルが一般的です。現代では、ライフスタイルも変わり、普段はあまり着物を着なくなっていますが、大きなイベントのときには、やはり日本人の誇りともいえる着物で臨みたいものです。着物を着るときには、新しく購入する場合もありますし、家で代々受け継がれている着物を着ることもあるでしょう。おばあちゃんや、母親、姉など家族が着た由緒ある着物に袖を通すことは、とても嬉しく誇らしいことだといえます。大切に保管されてきた着物は、大事に着て、さらに次の世代へと受け継いでいきたいはずです。では、そうした着物を着るときには、どのようなことに注意をすればよいのか学んでいきましょう。まず現代では、防虫剤などを使って着物を収納していることが多いはずです。無臭性タイプの防虫剤もありますが、やはりニオイが気になるものです。また、カビや虫食い、シミなどトラブルがないかをチェックする意味でも、着用する二、三日は畳紙から出しておきましょう。衣紋掛けにかけておけば、チェックもしやすいですし、シワを取る効果も期待できます。また、着物に触れるときは、身体を清潔な状態にして取り扱うことが大切です。着物はデリケートで、汚れやすいです。丁寧に扱うようにしたいものです。また、着用した後も、必ず衣紋掛けにかけて、湿気をとりましょう。汚れてしまった場合はクリーニングに出すことも重要です。